【我は間取りスト】マンションをリフォームやリノベーションする場合の注意点

リノベーション, 賃貸管理, 不動産投資

読む前にランキング応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ

中古マンションを購入してリフォームやリノベーションをしたいというニーズ。
リノベーションを専門業者に任せる場合は、出されるプランやデザインをベースにあーじゃない、こーじゃないとやることが多いと思うのですが、中にはいらっしゃいます。。。

『自分で間取り図を書きたい!』

という方。
私自身も何度か施主様が書かれた間取り図やプラン図を見せられて、「この間取りで仕上げてほしい。」と言われて四苦八苦したことがあります。

なぜ四苦八苦してしまうのでしょうか?
間取りを自分で作る際に、何に注意して書いていけばいいのでしょうか?

今日は自称「間取りスト」の私がプラン作成の注意点とコツを書いていきたいと思います。

広告

【どうなの?】シャワールームへリノベーション。

リノベーション, 空室対策, 賃貸管理, 不動産投資

読む前にランキング応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ

古いマンションをリノベーションする際、バランス釜や汚れたタイル張りの浴室だったりした場合、まず解体や斫だけで結構な費用が掛かってしまうことがあります。
また、壁が「躯体」の場合もあり、ユニットバスを入れられなかったり、浴槽等を交換しても何か洗い場が狭く感じたりといったことがあります。

そういう場合に、時々リノベーション会社(デザイン会社)や工務店、リフォーム会社に提案されることがある「シャワールーム」。

浴槽がないなんて、おかしい!
日本人は昔から五右衛門風呂文化があるんだ!
浴槽でゆっくりと疲れを癒すんだ!

分かります。その気持ち。
実際にシャワールームへリノベーションするってどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?