新築物件の家賃査定ミスは命取り

空室対策, 賃貸管理, 不動産投資

読む前にランキング応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ

年が明けてこれから4月くらいまでは新築物件ラッシュの時期だったりします。
個人的には従来の「スクラップ&ビルド」よりは、リノベーションを通じた「物件再生」、特に築年数の経過した物件は、元々の物件の魅力を生かした「和モダンリノベーション」がいいんじゃないかなと思っていますが、それでもやはり新築物件は世の中に次々と現れてきます。

不動産投資を新築物件で行う場合、まず一番最初には基本となる「家賃査定」があります。
管理会社や近所の不動産会社にヒアリングするのももちろん重要ですが、それ以前に家賃査定はいろんな要素を加味して見ていかないといけません。

①近隣比較、②将来性、③希少性、④物件固有のニーズ

などを複合的に見て判断する、それが「家賃査定」です。

それでは具体的にどういった方法が家賃査定に必要なのかを見ていきましょう。

広告

【売主手数料一律30万円】台東区・荒川区の不動産売却

賃貸管理, 売買物件情報・不動産売買について, 不動産投資

不動産を売却する際、売主も仲介手数料がかかるのをご存知でしたか!?
僕はこれをこの業界に入る前は全く知らず、入ってからも3年間は知りませんでした!

そうなんです!
不動産を売却する際は売主も仲介手数料がかかるのです!

そこで!弊社が得意とする台東区・荒川区エリアの不動産の売却の際の売主様のリスクを最小限に抑えつつ、より早期の売却実現に向けて、【売主様の仲介手数料一律30万円】とすることにいたしました!

現地調査・売買査定は全て無料!
相続や資産の処分、またはオリンピック前に物件を売り抜けたいというような方まで、不動産売却をご検討中の方はお気軽にお問い合わせいただければと思います!