中古物件をリノベーション!利回り計算は?

リノベーション, 空室対策, 賃貸管理, 不動産投資

読む前にランキング応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ

新築賃貸アパートやマンションが続々と建てられていますが、やはり個人的には既にある不動産の「再生」や「活用」といったカラーの強い、「リノベーション」が個人的には好きです。

しかしそれでも「リノベーションなんて高いから普通の原状回復でいいわ。」とか、「リノベーション費用を回収するのに時間がかかるからいつも通りのリフォームでいい。」とかっていうことをまだおっしゃっている人もいます。

果たしてリノベーションって高いのでしょうか?リノベーションを行う意味は?
リノベーションと原状回復、更には設備リフォームなども絡めて費用を検証してみたいと思います。

広告

中古マンションをリノベーションする!

リノベーション

ルームキューブなら、集金代行管理手数料が3%!
各種賃貸管理プランあります。お気軽にご相談ください♪
台東区賃貸管理センター
———————

最近は実需・投資を問わず、リノベーションがとても一般的になってきており、
色んな会社さんが色んなリノベーション事例を出しております。

特に目を引くのはプロのカメラマンさんが撮影した完成写真や、
とてもいい一眼レフカメラで撮影された室内写真。

しかし、実際にお部屋に行くと「思ったよりも狭い。」だったり、
「あれ?意外と暗くない?」といったことが多かったりします。

ネットで見ていた成功事例通りやそれを真似て作ってみたものの、
仕上がり感が全く違って少しがっかりなんてこともあります。

また、自分はいいと思っていても周りが見れば、
「あ、あぁ、いいね。」なんて寂しい結果も。。。

大きなお金を掛けるリノベーションですから、
後悔はしたくないものです。

それでは何に気を付けてリノベーションをしていけばいいのでしょうか?

【株式会社Q-beのリノベーション】
リノベーションページ:http://room.q-be.co.jp/renovation.html
和モダンリノベーションの「和処 -wadocoro-」:https://www.facebook.com/wadocoro