あの人が民泊始めました。物件も紹介します。これからの民泊。

民泊(Airbnb), 不動産投資

読む前にランキング応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ

最近は民泊ってどうですか?
民泊やっている方、儲かっていますか?
でも、一時期ほど民泊民泊って騒がれなくなってきた気がしませんか?

民泊が一般的に世間に知れ渡り、国内の方もそうですが海外からの外国人旅行者が居住されている物件に出入りすることが気になるという居住者の方や近隣の方から苦情が出るようになり、なんとなく民泊をやるのも息苦しいなと思っている方も多いかと思います。
そういった影響で民泊は少しずつ騒がれなくなって来ているのかもしれませんね。

・・・しかし、着実に民泊をやっている人は、物件を増やしていっています。
私のお付き合いのあるオーナー様も民泊始めました。
東京ではない地方では、民泊をメインに扱う事業を手掛ける会社が、将来性のあるベンチャーだとしてもてはやされてもいます。

さあ、民泊とは今後どうやって付き合っていけばいいのでしょうか?
投資家として、民泊で儲ける為の物件はどうやって探せばいいのでしょうか?
しかし、そもそもどんなリスクがあるのでしょうか?

◆これからの民泊

初めにも書きましたが、やはり民泊という言葉やシステムが周知され、嫌悪感を抱かれることも多々ございます。
ですので、人が密集する地域では特に反対の声が出やすく、長期的に民泊事業をやっていくのは難しくなるでしょう。
それは、今、国会でも議論が進んでいる民泊の為の旅館業法の改正や、地域で議論されている民泊条例によって明確なルールが形成され、民泊が合法化されたとしても、「苦情」は出るでしょう。

「うちがやっていることは合法なんだ!」と突っぱねることももちろん出来ますが、あくまでそこはその事業主さんの判断に任せられるようになるかと思います。

そうすると、自分が住んでいる家や、知人や関係が深い地域で苦情を受けながら民泊をやるのではなく、物件を「賃貸」して民泊をやろうという人が増えていくと思います。

◆民泊許可賃貸物件の探し方

正直、既に数年も賃貸物件を所有しているオーナー様に一般的なモラルやマナーがある場合は、所有物件で近隣から苦情が出る可能性が非常に高い民泊を「許可」するだなんてことはされない方がほとんどかとは思います。

しかし、「民泊を許可して賃貸すれば高く貸せる」という不動産営業マンの言葉に乗せられて不動産を購入したりしてしまった投資家さんや海外投資家さんは、民泊自体が近隣に迷惑を及ぼす可能性があるなんてことすら頭にないかもしれません。

実はそこが目の付け所なんです。

言葉は悪いですが、「民泊許可の賃貸物件」が集まりやすいのは、「普通の賃貸ではあまり利益の出ないもの」を「一般の賃貸や資産価値より、民泊運用の収益性だけで判断してしまう投資家」に、「市場価格よりも高く売っている業者」の元です。

分かりにくい言葉でしょうか?
単純に言えば、「民泊の利回りに乗せられて、高値で物件をつかんでしまった投資家の物件」でなら、賃貸して民泊事業を始められるということです。

投資家は通常の賃料よりも高く借りてくれる民泊事業者がいないと、想像していた収益が出ないか、最悪のケースだと借金の支払いが出来ず破綻してしまうから、とにかく許可を出すしかないんです。

また、私の知り合いが民泊代行をやっておりまして、そこに賃貸物件の情報が入ってくるため、自然と弊社にもそういった物件情報が集まってきています。
つい先日も、とある投資家さんに物件と代行会社をご紹介させていただきました。
想定利回り150%・・・。

「すごいな、これ。」と、ビックリ。
でもこういった物件は非常に特殊で、弊社が仲介に入れないのです。

そうなると弊社のメリットとしては、投資家さんとのパイプが出来るというところだけです(笑)
投資家さん、是非、「榎本(エノモト)」までお気軽にお問い合わせください♪

◆「民泊許可あり」ならリスクなし?

「民泊許可あります!」っていうならノーリスクだと思ったら大間違いです。

「民泊許可」=「転貸借可」

ということです。

そこには旅館業法や消防法は全く関係ありません。

「民泊等に使用しても構わない。」って書いてあったから民泊やってたら役所から怒られたし、逮捕されるかもしれない。
これは貸主や管理会社に抗議だ!
・・・なんて幼稚な意見が通用すると思いますか?
法律に違反しているのは、旅館業法上の要件を満たさないまま民泊をやっていた人です。

そこが、「民泊許可有り」賃貸物件の落とし穴であり、リスクでもあります。
単純に言えば、自分で物件を購入して民泊をやっていても同じ。
「民泊許可あり」はあくまで法律とは関係のないものなんですね。

◆もし、筆者が民泊をやるならどんな物件でやる?

民泊には色んな人の色んな考えがあります。
「民泊の教科書」さんのように合法的な民泊について説明をしつつ、そうすると一般的な賃貸物件では民泊なんてできません。
基本的にモグリでやるしかないんじゃないかなと思います。

お金を掛けられる人なら、簡易宿所にするか、ゲストハウスか、はたまた本当にホテルを開業しちゃうか。
特殊な形だと「レンタルスペース」にして寝具は別途でレンタルとかですかね。

結局、コストを掛けたくないので僕だったら・・・

地方で、近所に人が少ないところか、外国人に抵抗が少ない地域で、出来るだけ賃料が安い物件で、最低でも6人宿泊できて、利回り150%想定あれば民泊やります!(笑)

・・・という物件情報、一昨日の夜に2部屋出て来まして、昨日の午後一に連絡したらもう終わってました(笑)!

◆さいごに

民泊はリスクあります。
それでも賃貸でやりたいという方はお気軽にお問い合わせください。
でも、かなりスピードは速いです。
即決出来ないとどんどん「民泊許可」物件はなくなっていきます。

あと、ついでに言えば普通の不動産投資やリノベーションについてもお話しできる人だったら尚希望です(笑)!
宜しくお願いします!

ランキングクリックで応援してくださると励みになります!

不動産投資 ブログランキングへ

【浅草や台東区以外の地域までサービスエリア拡大中!】
不動産の賃貸・管理・売買に関することは、お気軽にルームキューブまでご相談ください

お問い合わせは下記お問い合わせフォームよりお願い申し上げます。

☆賃貸物件・売却物件所有のオーナー様は・・・
1.不動産売却の仲介手数料、一律30万円!
2.滞納保証付き賃貸管理手数料3%!
オーナー様ご相談フォーム

台東区賃貸管理センター
東京都台東区北上野1-15-5カスタリア北上野1F
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
—————————————
浅草の賃貸ならルームキューブ浅草店
東京都台東区雷門2-3-12-1F
TEL 03-5827-1321
FAX 03-5827-1322

上野の賃貸ならルームキューブ上野入谷店
東京都台東区北上野1-15-5カスタリア北上野1F
TEL 03-5806-3123
FAX 03-5806-3122
—————————————

マンション・アパート管理、不動産会社相談、管理会社変更、家賃・賃料査定、その他相続や不動産売却、契約、クレーム、トラブル、退去精算、更新、リフォーム・リノベーションなどのご相談を、豊富な賃貸不動産業界歴経験を活かして、いつでも無料で受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

広告

あの人が民泊始めました。物件も紹介します。これからの民泊。」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中